端部用間詰かご工サイドマット

これまでの盛土の法尻において、かご枠工等を施工した場合、延長起終点の端部にかご枠工と既設盛土の間にすき間が生じ、裏込材が流出する問題がありました。本製品は、この起終点の端部に生じたすき間をかご工で留めることで長期的な裏込材の流出防止を効率的に図ることができる製品です。


特徴

  • 長期的な裏込材の流出防止


    金網部に亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を採用し、長期耐久性を実現しました。 また、排水性を確保しつつ、裏込め材の流出を防ぎます。
サイドマット
  • 本体かご枠工との一連施工


    ハイパーマット多段積型などの本体背面に、本製品を接続することで、 従来は別途必要だった植生土のう工や小口止コンクリート工が不要となり、かご製品での一連施工が可能となります。
    また本体の形状に逆台形形状を採用することで、掘削面や既設の法面勾配に合わせることが可能になりました。
サイドマット

規格

部材規格

部材名称 線径(mm) 仕様
底背面網 Φ5 亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網
付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
側面網 Φ5、Φ6
上蓋 Φ5
ステー Φ6 亜鉛アルミ合金めっき鉄線
付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
コイル Φ5
※製品改良の為、製品形状及び仕様は予告なく変更する場合があります。

寸法規格

高さ H(mm) 幅 B1/B2(mm) 長さ L(mm)
500 1000/500 1000
※上記以外の寸法は特注品となります。別途お問い合わせください。

施工手順

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。
1組立
2差し込み
3中詰
4完成

施工例

中国自動車道(広島県、島根県、山口県)■ 中国自動車道
 (広島県、島根県、山口県)
ページTOPに戻る