省力化工法研究会

堤防裏法尻保護工侵食防止かご

「侵食防止かご」は、直轄河川での「危機管理型ハード対策」(堤防を破堤しにくくする対策)の内、堤防の裏法尻を保護する工法です。

越流時の堤防裏法尻の侵食を抑制することで、粘り強い堤防構造を構築します。


侵食防止かごの形式

堤脚部に設置可能な単純構造 FR型

国土交通省 新技術情報提供システム登録製品

用地確保が困難な場合 SG型

国土交通省 新技術情報提供システム登録製品

侵食防止かごの効果

侵食防止かごの効果

侵食防止かごを設置した場合

侵食防止かごを設置した場合
侵食防止かごを配置することで堤体内水位(浸潤面)の上昇を抑制し、堤体のせん断抵抗力低下を防ぎます。

共同研究

「侵食防止かご」は、大阪大学名誉教授 現 一般社団法人土木研究センター理事長 常田賢一氏と共同研究を実施しました。
共同研究1 共同研究2
共同開発についての論文は、研究開発ページでもご覧いただけます。
【越流に対する堤防の粘り強さの向上に関する検討】

規格

部材規格

部材名称 線径(mm) 使用材料
本体(L型金網) 溶接金網 線径Φ6、Φ5 亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網
付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
側面網 溶接金網 線径Φ6
調整金網 溶接金網 線径Φ5
ステー Φ9 亜鉛アルミ合金めっき鉄線
付着量300g/m2以上(ステー)
付着量500g/m2以上(コイル)
コイル Φ6
※製品改良の為、製品形状及び仕様は予告なく変更する場合があります。

寸法規格

  型式   高さ H(mm)  幅 B(mm) 長さ L(mm)
FR-10 500 1000 2000
FR-15 1500
FR-20 2000
FR-30 3000
※幅Bは寸法調整が可能です。
※端部用のL=1000mmもご用意しております。
※蓋網オプション品です。
ページTOPに戻る